ダイエットや美容に関心がある人は、積極的に「冷や飯」を食べましょう

ダイエットしなきゃと思っている人は多いですけど、何をやったらいいかわからない、やっても効果がなかったという人は多いですよね。

バナナダイエット、糖質制限ダイエット、プチ断食。。。

これらのダイエット法は食事を制限する方法ですが、正直つらいし、やめたり失敗したら見事にリバウンドした。という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

特に、ダイエットもしたいけど、おいしくごはんも食べたいの。というわがままな私みたいなタイプの人には、もっと簡単なダイエット方法が知りたいですよね。

食べる量も食べ物の中身も変えずに、ダイエットなんてできるの?ちょっと食べ方を変えるだけで効果のあるダイエット方法があるんですよ。ご紹介しますね。

冷や飯がダイエットや美容にいい理由

onigiri

ごはん(米)は、炭水化物でエネルギー源です。体内でブドウ糖になり、これが毎日の活動の元となるエネルギー源となるのですが、エネルギーとして使われなかったブドウ糖は脂肪に変質し、体内に蓄積されていくんですね。

これが肥満の原因です。最近は糖質制限ダイエットといって、炭水化物である米、パン、めん類を食べる量を減らしている人が多いのですが、これは上のメカニズムに基づいて、体の中に余分なブドウ糖を作らないというためにやっているんです。

しかし、ごはんは日本人の食事からは外せないもの。実際、糖質制限をしている人も、ごはんが食べられないのがつらい。という人は多いですよね。

そこで、そういう人にはごはんを冷たいまま食べる、「冷や飯食い」がおススメです。

冷や飯食いっていうと、「冷遇される」という意味であまりいい意味ではないんですけど、ダイエットのためには温かいごはんよりも冷や飯食いのほうがいいんです。

なぜかというと、冷たいごはんの炭水化物は、消化がしにくい難消化性デンプン(レジスタントスターチとも言います)だからなんです。また、そもそも冷たいごはんは、温かいごはんに比べてカロリーは半分なんですよ。

体の中で糖分に変わりにくく、一方で米の食物繊維はそのままなので、食物繊維のはたらきである体内での糖質や脂質の吸収を抑える効果があるんです。美容の大敵である便秘も防げますよね。

冷や飯ダイエットのやり方

ごはんのデンプンが難消化性になるのは、温度が4度から5度からと言われています。ちょうどコンビニのつめたいおにぎりくらいの温度だと考えればいいんでしょうね。

また、冷蔵庫の温度と同じくらいなので、ごはんを食べるときはそのまま食べるのではなく、冷蔵庫に冷やしてからがいいでしょう。

炊き立てのご飯の場合は、もったいないようですが、氷水で冷やすというのもいい方法です。

ネックなのが、やはり、冷や飯はあたたかいごはんよりもおいしいと思う人が少ないこと。

そういう方には冷や飯がおいしくいただけるレシピにトライしてみてはどうでしょうか。

例えば、埼玉県や宮崎県の郷土料理として知られている「冷や汁」
4108

お茶漬けも冷やしただしでいただく冷やし茶漬けにするとおいしくいただけます。

まあ、私はめんどくさがりなので、おにぎりを作ったり、買ったりしたらその場ですぐに食べるんじゃなくて、冷えたころに食べるか、作ったら冷蔵庫に入れておいてから食べるのが簡単でいいんじゃないかなと思います。

これでも十分「冷や飯ダイエット」になりますよ。

 

288 PV
CATEGORY :

よく読まれている記事