女性の薄毛にも効果あり!?クリニックでFAGAを試そう

女性のみなさんで薄毛に悩んでいる方は「FAGA」という言葉を少なからず聞いたことがあると思います。男性型の脱毛症のことをAGAを言いますが、それの女性版ということで女性男性型脱毛症(FemaleAGA)と呼ばれています。

薄毛_2

症状

女性男性型脱毛症とはどんな症状なのでしょうか?

・脱毛原因の違い
女性の薄毛は、主に女性ホルモンの減少によって起こります。ごくまれに若い女性がストレスによって薄毛に悩まされたり、小さい頃から薄毛だったという方もいらっしゃいますが、一般的には出産後や加齢によって女性ホルモンが減少するにつれて薄毛になっていってしまいます。
女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位となり、これによって「女性男性型脱毛症」と言われる状態となります。

・見た目
女性の薄毛の場合、男性の場合と違って「全体的に」薄くなっていきます。

2

対策

・対策①

まずは女性ホルモンの減少をストップさせましょう。女性ホルモンが減少する原因は様々ありますが、少し気を付けるだけで改善されることもありますから、薄毛への対処としてだけでなく、気分も向上し生活にハリがでますよ。

■ストレスを解消する
出産後のホルモン減少や、加齢による致し方ない原因もありますが、ストレスによる減少も侮れません。ストレスに思い当たることがある方は、ぜひ改善を試みましょう。
ただし、自分の知らないところでストレスを感じているということもあり得ます。ストレスに自覚症状のない方は、休日の過ごし方を意識的に変えてみませんか?たったそれだけで気分が変わることがあれば、良い兆し。

■女性ホルモンを増やす食材を積極的にとる
大豆製品に含まれるイソフラボンが有名ですが、女性ホルモンを増やすことが期待できる食材は多くあります。
・卵
上質なコレステロールは女性ホルモンの材料になるので、ぜひ積極的に取り入れましょう。

・ビタミンE
ビタミンEには、脳下垂体や卵巣にはたらきかけホルモンの分泌をコントロールする役割があります。さらには抗酸化作用もありますから、美容にはもってこいですね。ビタミンEの多い代表的な食材としては、肝、アーモンド、オリーブ、いくら、あゆなどがあります。

・キャベツ
キャベツには「ボロン」という栄養素があり、女性ホルモンを活性化させると言われています。

 

対策②

ストレスの改善や食材の取り入れで改善することもあると思いますが、きっと時間を要するもの。併用してクリニックでの治療を受けることもお勧めします。男性のAGAはCMも放映しているし有名になっていますが、女性の薄毛の悩みはまだまだ人数が多くないとか、悩みを打ち明けづらいといった理由で積極的にクリニックに行く人は少ないのが現状です。
しかし専門家の知恵を借りることで悩みが改善される可能性があることを思えば、すぐにでも相談に行くことをお勧めします。
女性でも行きやすいクリニックをいくつかご紹介しますので、参考にしていただけたらと思います。これをきっかけに、ご自分に合ったクリニックが見つかることを祈っています。

★東京ビューティークリニック
札幌、関東、名古屋、大阪、福岡に直営店があり、いくつかの店舗では開院特別値引きがあるようです。なんと21時まで診療してくれますから、お仕事帰りにもってこいですね。上記の地域以外にも、全国に提携のクリニックもあるようです。

カウンセリング 無料
手法 パントガール
費用 7,000円~(税別):初回1ヶ月分

 

 

★新宿メディカルクリニック
こちらは女性専用ではありませんが、女性の薄毛に詳しく書かれているコンテンツもありますので参考になります。お近くにお住まいの方は、カウンセリング無料ですからぜひのぞいてみてください。
モニターを募集しているようですので、もしかしたら費用がかなりお安くできるかも!?

カウンセリング 無料
手法 注入
費用 8,000円~(税別)/回
365 PV
CATEGORY :

よく読まれている記事