乳がんは早期発見すれば治る病気です。日ごろからセルフチェックを

こんにちは、げん子です。

小林麻央さんの乳がんで闘病しているというニュースは、いろんな意味で本当に心に響くニュースですね。

年齢が近い私も他人事とは思えませんでした。

60d335a05e2b5bf6427897205a497ec1_s-640x400
出典:http://mamashoric.com/minamikahogan/

つい、まだ心配するのは早いと思っていたのですが、少し真面目に乳がんについて調べてみました。

小林麻央さんは34歳。若くても乳がんってなっちゃうの❓

小林麻央さんが乳がんと闘病している。と聞いて、「まだ若いのに」と驚いた人のほうが多いと思います。若くても乳がんってかかっちゃうんでしょうか。

急に心配になったので、調べてみました。

下の図によると、乳がんにかかる人の平均年齢は57.4才。30代後半から40代に入るころから急速にかかる人が増え、35歳未満は多くはないですが、それでも3%程度の人がなるみたいですね。
untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:公益財団法人 がん研有明病院
http://www.jakunen.com/html/tokucho/yogo.html

こうしてみると、他人事じゃないな。と思っちゃいますね。実際、乳がんは女性がかかるがんでは最も多いがんなんですよ。

乳がんの早期発見にはまずセルフチェックから

bnr_side_01
出典:http://ganclass.jp/kind/breast/selfcheck.php

小林麻央さんは、子供と遊んでいる時に何気なく胸にさわってみたら、しこりをみつけたということですが、もう少し早く発見できなかったのでしょうか。

彼女の場合、子供の授乳のときに、胸のケアにも気を付けていたそうですが、それでも発見が遅れてしまったみたいなので、発見は難しいのかも。。と思っちゃいますね。やっぱり、若いときからもマンモグラフィー検査にはいかなきゃだめなんでしょうか。

実は、乳がんは、内臓のがんとはちがい、体の表面上にでることが多いので、見つけやすいがんなんですよ。そして、乳がんの60%以上はセルフチェックで見つかるんだそうです。

セルフチェックのやり方は、お風呂にはいるときに、鏡で胸や乳首をよく観察します。このとき、正面からだけでなく、腕をあげた状態で観察したり、斜めや側面からも見ましょう。

特にチェックする部分は、胸の外側上部です。この部分がもっとも乳がんが発生しやすい箇所なんですよ。

%e4%b9%b3%e3%81%8c%e3%82%93%ef%bc%91
出典:http://ganclass.jp/kind/breast/selfcheck.php

入浴中は左右の胸をさわってみて、しこりがないかどうかを確認し、また、わきの下に指を入れてリンパ節が張れたりしていないかを見ます。

チェックしたいポイントは

・胸に変形がないか。
・胸がただれやひきつれ、へこんだりしていないか。
・乳首から出血や異常な分泌物が出たりしていないか。

そして、さわってみて、しこりがないか。ということです。

少しでも気になったら、お医者さんで詳しくみてもらいましょう。

マンモグラフィーって?

mammography
出典:http://medical-checkup.info/article/41370806.html

自治体の乳がん検診でつかわれるのがマンモグラフィーです。バスト専用のX線検査と説明したらわかりやすいかしら。

乳がん検診では触診だけでなく、マンモグラフィーも併用されることになっていますが、若い人はこれで検査したことはないかもしれませんね。

でも、35歳未満でも3%の人がなるし、小林麻央さんだって、まだ34歳。機会があったらマンモグラフィー検査は受けた方がいいでしょう。

どんな検査なのかというと、バストを検査台にのせて、厚みが4から5センチになるように圧迫します。この圧迫した状態でX線で写真を撮ります。

この検査によって、触診ではわからないような、例えば5mmくらいの小さながんも発見できます。

マンモグラフィーは胸を圧迫されるので正直いたいです。特に生理前1週間は痛みを感じやすい人が多いと聞きます。

乳がんの早期発見が大切な理由

当たり前ですが、乳がんも早期発見が大事です。非常に早く発見できて、適切な対応をしたら、命どころか、胸もそのままで従来と同じように生活できることのほうが多いんですよ。

でも、発見が遅れて、がんが大きくなってしまったり、他の臓器に転移してしまったりすると、残念ながら、乳房の切除や、最悪、死亡も覚悟しなくてはならない病気でもあります。

特に若いと、進行も早いですから、若いときほど、少しでもおかしいなと思ったら積極的に検査を受けたいですね。

%e4%b9%b3%e3%81%8c%e3%82%93
出典:(日本乳癌学会「全国乳がん患者登録調査報告第29号」より)
http://www.j-posh.com/checkup/early_detection/

この図によると、しこりが2センチメートル以下ですと、10年生存率が89%となっているのに対し、しこりが大きくなって皮膚や他の臓器に転移していると、生存確率が60%以下になってしまうことがわかりますね。

小林麻央さんのニュースは本当に私にもショックでした。まだ、小さいお子さんが2人もいるし、ご家族のことを考えると。。

心から回復を祈ります。

もうひとつ、検査もそうですけど、保険のことも考えておいた方がいいかな。と思いました。女性特有の病気をカバーしてくれる生命保険もたくさんあるから、ついでに今度保険のことも調べておきます。
 

380 PV
CATEGORY :

よく読まれている記事